人気の投稿

2024年5月20日月曜日

井上道義さん



大好きな指揮者である
井上道義さんが振る
ショスタコーヴィチを聴きに行ってきました。


プログラム最初の曲は
チェロ協奏曲第2番。
2019年にミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門で優勝した
佐藤晴真さんとの
コンチェルト

…曲が始まって数分のことです。
佐藤晴真さんのソロのはずなのに
「ボンッ!」
という異音が。
「ん??? ここでパーカッション?!」
と不思議に思っていたところ…
フレーズの終わりのところで
井上道義さんが指揮棒をおろし、
やさしく
佐藤春真さんのチェロに触れました。
そして…
「弦が切れました。お待ちください。」
と、おっしゃって
お二人そろって静かに舞台から下がっていかれました。

ほどなくして
お二人が
戻ってきて
何もなかったかのように再演。
曲の最後は、拍手が鳴りやまないほどの名演となりました。



2曲目の交響曲第10番も
井上道義さんの
懐の深さ、愛情深さ、あたたかさを
終始感じることが出来た
素晴らしい指揮でした。

井上道義さんは、
今年で棒をおろすことを明言されています。
もう一度…聴きに行けたらいいなぁ。



こちら井上道義さんのブログです。
もしよろしければ
お読みください♪

2024年5月10日金曜日

「じゃーね!がんばってね!」


 

昨日午後のことです。

窓を開けながら

レッスン室の環境を整えていたところ、

何やら楽しそうな子どもたちの声が聞こえました。


耳をすませてみると…

レッスントップバッターの小学3年生Mちゃんを

小学6年生のお兄ちゃんが

送ってきてくれたご様子でした。


レッスン室に入ってくるかな…と

思いながらそっと外を眺めていたところ、

「まだ早い!」と言って

時間調整をしようと

お二人が道路で始めたのは…

なんと!

割り算!


お兄ちゃん「4割る2は?」

Mちゃん「…2!」


お兄ちゃん「じゃ…12割る4は?」

Mちゃん「…3!」


こんなやり取りをひとしきりした後、

レッスン時間になったことに気が付き…


お兄ちゃんは

「じゃーね! がんばってね!」

と颯爽と自転車をこいで帰っていきました。


その後

玄関ドアを開けて入ってきたMちゃんのお顔の晴れやかなこと!

大好きなお兄ちゃんとレッスンへ来られたこと、

割り算ゲームができたこと、

すべてが楽しかったのでしょうね。


Mちゃんのこの日のピアノの音が

いつも以上に

生き生きとしていたのは

お兄ちゃんのおかげでしょう。

お兄ちゃん、ありがとう!


2024年5月9日木曜日

発表会曲だけでなく合唱祭伴奏曲も…



 夏の発表会に向けての曲だけでなく、

中学校で行われる合唱祭の伴奏曲にも挑戦している

中学生生徒さんたち。


ご自宅での練習、

時間をかけて取り組んでいるのは、

レッスンでの集中のご様子からも

伝わってきています。


アンサンブルの素晴らしい経験になる合唱祭伴奏。

オーディション、ぜひ勝ち抜いてほしいです。

オーディションまであと数日…

がんばろう!


2024年4月21日日曜日

ブルクミュラーの個人情報?!


先日のレッスンのことです。

小学生生徒さんお二人との

やり取りで

思わず大笑いしてしまった

できごとがありました。


当教室では

発表会ご出演の生徒さんに、

取り組む曲の作品やその作曲家について

理解を深めるための学習として

ワークシートに取り組んでいただいています。


ある小学2年生の生徒さんが

ブルクミュラーの

生まれた年についての記入欄を見て

「どうして、ブルクミュラーの

こんなこと、しらなきゃいけないの?」

と。


「え?しりたくない?

これからなかよくなる人のこと、しりたくなったりしない?

うーん、そうだなぁ…

たとえば…

せんせいの年、しりたくなったりしない?」


と、尋ねたところ…


レッスンの順番を待っていた

小学3年生の生徒さんが

すかさず


「先生のこじんじょうほう、

聞いちゃいけない気がする…」


と、ポツリ。


なるほどねぇ!

ブルクミュラーの個人情報か!


大笑いしたレッスンとなりました。


2024年4月19日金曜日

発表会出演申し込み

 


先日、

発表会出演申込書の

締め切りをさせていただきました。


今年は、

教室に在籍してくださっている生徒さんのうち

6割ほどのご出演となる予定です。


当教室は、

生徒さんのお気持ちを第一に考えたいため、

発表会ご出演を

必須にしていません。


聴いてもらいたい

見てもらいたい

舞台に立ちたい

レッスン時とは異なるピアノで弾いてみたい

発表会でしか会えないレッスン友だちに会いたい

発表会でのみ結成される友だちとの連弾を楽しみたい


そんな思いのある生徒さんたちが

申込書をご提出くださいました。




今回、

学校行事などと日程が重なってしまい

出演を断念せざるを得なかった生徒さん…

本当に申し訳なく思っています…ごめんなさい。

来年のご出演を楽しみにしていますね!


2024年3月30日土曜日

今年度のレッスン


 

本日をもちまして、

今年度のレッスンを

すべて終えることができました

ありがとうございました。


アンカーは

小学2年生の

Sちゃんでした。


2024年度も、

生徒のみなさま

保護者のみなさま

どうぞよろしくお願いいたします!

2024年3月25日月曜日

高めあう良きライバル


 当教室に、

お互いの存在が良い刺激となっている

小学5年生ペアがいます。

(4月からは6年生ですね!)


ペア…と書いたのは、

昨年、発表会にて

たくさんの方から好評をいただいた

連弾ペアだから。


同じ小学校。

同じ学年。

クラスが隣。


そんなお二人…

小学校内で会うと、

お互いのワークブックの進み具合を確認しあったり…

取り組んでいる曲を探りあったり(音楽室で弾いているとか!)

良い意味で、

お互いにライバルと認め、

高めあっているようです。


レッスンで、

各々お二人から

そんな話を耳にするたび、

笑みがこぼれてしまっている私です。


今夏の発表会で

また

このペアでの連弾がご披露できるといいな♪




2024年3月24日日曜日

発表会に向けて動き出そう!



来年度の発表会日程が決まりました!

7月21日(日)です。



生徒のみなさまへ

参加申し込みのお便りを

先々週、お配りしたところ…


弾きたい曲のイメージを

目を輝かせながら

お話ししてくださる生徒さんあり。

早々に曲を決定し

取り組み始める生徒さんあり。


 7月の発表会に向けて

動き出したくてうずうずしているご様子が

うかがえます。


一年に一度の

大イベント!

発表会当日はもちろんですが、

発表会までの日々も

みんなで楽しんじゃおう!

2024年3月18日月曜日

女性指揮者



 昨日、

かねてより楽しみにしていた、

女性指揮者である

MARIE JAQUOTさんが振る

読売交響楽団の演奏を聴きに行ってきました。


ピアノコンチェルトでは、

ピアニストの方との

信頼関係が

音に反映されていて、

また

明確なタクトによって、

読売交響楽団の演奏を

とても上手に引き出していらっしゃった

MARIE JAQUOTさんでした


少しずつではありますが、

良い時代になりつつあるのだと思います。


『女性指揮者』

という表現がなくなり、

当たり前となる日も近いのかもしれません


昨日は、

MARIE JAQUOTさんの奏でた

すばらしい音の余韻に浸りながら

帰路につくことができた、

すがすがしい一日となりました。



2024年3月10日日曜日

2024年度レッスン時間割

 


生徒のみなさま、

保護者のみなさまのご協力により、

無事、

2024年度のレッスン時間割を組み終えることができました。


先週、

決定のお知らせを

生徒のみなさまにお渡ししました。

ご確認のほど、

よろしくお願いいたします。


残り3週間となった2023年度のレッスン。

2024年度へつながる

レッスン展開にしたいと考えています (*^-^*)